ぼくらの

ノエイン もうひとりの君へから見る、並行世界について知る

衝撃的な作品の1つ

まどマギのほむらみたいな結末を迎えるパラレルワールドを用いた作品はそうそうあるものでもない、ただある意味ではまどマギ以上に強烈な作品もある。それこそ一人の少女ではなく、地球すべての命運をかけた戦いに身を投じなければならなくなった少年少女たちの話を題材にした『ぼくらの』という作品についてだ。

知っている人は知っているでしょう、筆者はこの作品を事前に情報を仕入れるわけでもなく、ただ気になったから見始めたのだが正直どうして見てしまったのだろうと後悔した作品の1つでもある。嫌いという程でもないが、展開される内容が壮絶であり、主要人物である15人の少年少女たちが次々と死んでいってしまうからだ。子供が死ぬというだけで、世間的に見ればかなり批判される内容といえる。ただ作品を通して訴えられる世界で、少年たちが生きる意味、家族やその他周囲の関係について深く考えるようになるなど、様々な要素が詰め込まれている。そのため一言で、この作品がダメとは言い切れないほどに、完成された世界観が構築されているのです。

ちなみに、ノエインでスタッフとして参加していたとある方がこの作品の制作にも関わった際、視聴者からの質問に答えていた際に『原作を嫌い』などと発言したことで誹謗中傷を受けることとなった、という話も一部では有名だ。

一度参加したら・・

物語の概要

この作品で主要登場人物が死ぬとは記したが、前触れもなく死ぬわけではなく、戦いを経て死ぬことになる。それでもハードな内容であることに変わりない。どのようにして物語が展開していくかというと、突如として現れた主要登場人物の少年たちは、『ココペリ』と呼ばれる1人の男性に誘われるがままにゲームと称する遊びに乗ることとなる。そこで彼らは自分たちがこれから巨大ロボットに乗って戦いを繰り広げることを告げられる。それを聞いて誰もが非日常的な現実に興奮するが、その先に待っていたのは残酷な真実だった。

訪れる最初の戦闘、難なく敵との戦いに勝利したがパイロットに選ばれた少年がそこでロボットの上から転落してしまう。公には死亡扱いとなり、少年たちの心に傷跡を付けることとなる中で次の戦闘が巻き起こる。そしてそこでもパイロットとして選ばれた少年がその場で絶命してしまったのです。そう、パイロットとして選ばれた人間は敵との戦闘に勝利した後、その命が果てることを知ることとなる。

ただのゲームではなかったのかと嘆くが、ゲームに深く関係している『コエムシ』は一度参加するといった以上契約は切ることは出来ないと告げた。どことなくまどマギと似ているかもしれないが、肝心の部分は何も伝えられること無く、待っていた真実に絶望する。1人死に、また1人死んでいく展開は視聴者の心にも色々とトラウマを刻み込んでいく。正直言って見ていて気持ちがいい作品とは言えないでしょう。

三者三様として

物語が進行していく中で、死ぬことに対して恐れを抱くものもいれば、事態を淡々と受け止めるもの、そしてこれから待っているだろう自分の番を今か今かと待っている者がいるなど、少年たちの動向はそれぞれだった。ある者は自分の家族を守るため、ある者は自分を謀った相手に対する復讐のため、それぞれが各々の目的で命をかけた戦いに身を通じて行くこととなる。

そうした中でパイロットとなった親は何とか助けようとするが、それも叶うこと無く、次第に少年たちは自分たちが孤立していくようになっていった。誰に報われること無く、誰からも助けられない状況に陥っていってしまう。

何というか、これほど鬱といえる作品を見たのは正直初めてと言って良いかもしれない。最初から最後まで淡々と展開していく物語、知らされる真実と避けられない運命に必死に抗おうとせず、受け入れて戦いをして死んでいく、これほど残酷な世界を描いているものは近年稀に見るだろう。ただでさえ子供が死ぬことになる世界観は世論から反発を受けやすく、先述で紹介したスタッフの1人が原作に対していくらかの嫌悪感を持っている点についても納得できるはず。

往々にしてこの作品のすべてを受け入れられる人はそう多くはいないだろう。夢も希望もない、あるのは死に行く運命にある少年たちが最期にやり遺したことを成し遂げていくなど、悲しすぎる。

隠された真実

ここまでを通してパラレルワールドについて一切触れていませんが、何を隠すわけでもなく、並行世界というテーマはこの作品を構成する非常に重要な素材なのです。それは物語の根幹であり、死んでいく仲間たちの背中を見ながら、誰もがまさかと思って目を背けていたもう1つの真実がそこにはあった。

戦っている敵ロボット、それは少年たちと同じく別の地球でパイロットに選ばれた子どもたちであり、彼らと戦って勝利しなければ自分たちの地球が消滅してしまうという、恐るべきルールが隠されていた。