最後に待っている結末

ノエイン もうひとりの君へから見る、並行世界について知る

劇場版にて

そんなほむらの後日談となる作品、『劇場版魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語』に繋がる。この作品で展開された内容は誰もがまさかと息を呑んだはず。公開当初、劇場内容についてネタバレ厳禁を敷くほど、あらゆるところでその衝撃的過ぎる内容が故に、話したくてしょうがない人も溢れていた。実際、作品を見た人も感想を述べていましたが、大半が『ネタバレ注意』という表示があちこちで見られたのも記憶に新しい。

そもそも作品のタイトルが『叛逆の物語』などと、魔法少女作品とは思えないタイトルが付けられている時点で、なにか不穏な匂いがしているのが見て取れた。それでも実際に見なければ分からないだろうと思い、公開してから少し遅れて劇場へと足を運んだ際に内容を見て空いた口が塞がらなかった、という状況をこの時ほど実感したことはない。

ほむらの真の願い

内容についてはおおまかに説明していきますが、簡単にいえばまどかが神となった世界でほむらはキュウべぇ達によるある実験のモルモットとして利用されていた。それは、これまで観測することの出来なかった神の存在、劇中では『円環の理』と呼ばれる物を観測する試みをしようとしていたのです。そこでほむらは本来なら存在しなくなったであろう、魔法少女の成れの果てである魔女へと生まれ変わるまで追い込まれてしまっていた。その企みに気づいたほむらはキュウべぇたちの目的が観測ではなく、いずれ神を支配するための足がかりにしようという意図を知り、自ら崩壊する道を選ぶ。

しかしそんな事態を察知した円環の理、まどかたちにより未然に野望は食い止められ、ほむらは九死に一生を得るのだった。やがて訪れる終わりの時、それは彼女がこれまで待ち続けていた希望が目の前に具現化する。懐かしい笑顔と共に現れた神となったまどか、もう戦うことの出来ないほむらを迎えに来たが、そこで待っていたのは誰もが予測することの出来なかった事態だったのです。

ほむらがまどかを捕まえた瞬間、円環の理を構成している鹿目まどかの断片を一部もぎ取ってしまうのだった。瞬間、世界には神を侵蝕したことで新たな概念が誕生することとなる。神となったまどかの力を奪ったほむらは、魔女でもない、魔法少女でもない、悪魔という神と対になる堕ちた存在へと転身するのだった。

それにより全てを裏から操る存在となり、全ての悪を背負うこととなったが、それは彼女が求めた願いの代償とも言える姿だったのです。そう、ここには彼女がこれまで隠し続けてきた真の願いが秘められていたのです。それは『まどかが人間として平和に暮らしていける世界を作る』というものだった。

結末に待っているもの

何も変わっていなかった

悪魔として生まれ変わったことで、ほむらは世界を蹂躙する存在となってしまう。ただそれでも彼女には後悔という念はなく、暁美ほむらと呼ばれた少女の願いが形となってそこにあるだけだったのです。誰でもない、まどかが無事でいてくれることこそがすべての願いであり、それ以外には何も望まなかったのです。そう、テレビシリーズで迎えたまどかが選んだ道を、ほむらはずっと納得することが出来ず、自分が求めた結末だけを追い求めていたのだ。

それは狂気と呼ぶ以外に他ないだろう、事実円環の理も予測しなかった事態に巻き込まれてしまい、結果として神となったまどかはその断片を失ってしまう。ただ新たに迎えた世界で暮らすまどかは幸せそうにしているが、それで彼女そのものが報われたわけではない。片鱗ではあるが、いずれは元に戻ってしまうかもしれないと悟ったほむらは例え全てを敵にしても、自分の大切な友達を守るために世界の裏側で暗躍し続ける。

この結末には賛否両論ありますが、個人的には可能性として考えればありえないとは言い切れず、また求めた先に待っていたのが助けようとした友達がいない世界だったとするなら、ほむらの絶望は果てしなく大きかったはず。それでも彼女が諦めずに魔法少女としていられたのは、いつか来るまどかとの再会があったからこそだ。

まどかの意思

この結末でいうなら、ほむらはまどかが自ら考えて導き出した答えに対して否定の意思を示した。まどかにすれば誰に言われること無く自分で選択した道なればこそだったが、それがかえってほむらを苦しめることになるなど予想できなかったのでしょう。これまで自分を守ってくれていたほむらともう一度会えたことを本当に喜び、これからはずっと一緒にいられることを喜ぶ姿が、最後まで印象的だった。

しかし当のほむらはそんな彼女の決断を全てなかったことにしようとする、そんな意思さえ感じられた。それもまどかへ向ける歪んでいった愛ゆえだった。この作品の結果でなおのこと人気を増したまどマギの続編はまだか、という声が未だに根強い。あれだけ衝撃的すぎるラストを迎えたのでは仕方がないだろう。パラレルワールドを行き来したが故に生まれた意識の歪で人はいずれこうなってしまう、もしかしたらノエインもこのように絶望したのかも知れませんね。